フジモトHD株式会社 購買動向調査研究所

お問い合わせ

GAMシステム会員ログイン

PDRシステム会員ログイン

データ分析

POSデ-タ、ID-POSデ-タから消費者と売場・売り方の相関を導き出します!

データ分析において重要なことは、「お客様と商品の関係を明確にし、どうすればお客様に商品をお届けできるか」ということです。

当研究所は皆様が保有しているPOSデータ、ID-POSデータといった大切な資産をお預かりし、「お客様・商品・カテゴリー」の相関を明確にすると共にライフシーンによる分析を行い、得意先様への「お客様視点からの売場・売り方提案書作成」を行っております。

POSデータやID-POSデータは、それ自体「武器」ではありません。情報がそれ自体では武器ではないことと同じです。データは価値を生むための「部品」です。「部品」と「お客様視点」を組み合わせ分析することによって、お客様の来店頻度・使用頻度を上げる着眼点・売場作りを提供すること、これが当研究所のライフスタイルデータ分析です。

操作性に優れたID-POSデ-タ分析システム『GAMシステム』をご提供しています。

小売業様のID-POSデ-タを皆様が検証し、その検証デ-タと対比できる分析システム「GAM(Goods Action Marketing)」をご提供しています。
分析において課題であった「営業活動に時間を割けるよう、効率的に分析して素早く提案の切り口を判断できる分析システムがほしい」という声を受け、「操作性・視覚性」を踏まえ開発したシステムであり、アシスタントパ-トナ-様から社員様まで活用することができます。

GAMは、「商品に携わる方々全てのID-POSデータ分析システムのプラットホームを構築する」ことをコンセプトにシステム開発に着手し、顧客軸の購買分析機能とともに、商品軸でも分析可能な環境を整えました。

GAMシステムの詳細はこちら

目的とチャンス

目的

  1. 1)①お客様の定性的な分析と定量分析を合わせ、新たな提供方法を実現する
    ②データ資産を有効資産に変える

商売とは、商品を売ることだと思われがちですが商品をただ並べても売れません。データも同じです。分析するだけでは意味がなく、お客様の購買シ-ンと関連させることで売場・売り方などの課題を発見し提案に結び付けます。

  1. 2)①商品に対し、お客様の購買履歴を知ることで新たな提供方法を提案することができる

誰が、何と、何時など、今まで知りえなかったお客様の支持、新商品・プロモ-ションなどの効果、関連性を明確に出来、環境や売場にあった提案を考えて行きます。

チャンス

  1. 1)①今まで知りえなかった分析手法をプロセスを通して学べる
    ②ライフシ-ンという新たな提案が出来る
  2. 2)①操作性・視覚性から、課題発見と分析の時間短縮ができる
    ②フルカテゴリ-検索ができることから、提案領域が拡大する
メーカー様のチャンス
  • 他社に無い提案の切り口を得られます。
  • 時間と人財を提案という取組みに効率よく充てることができます。
小売業様のチャンス
  • 売場課題が明確にあることでメ-カ-様との共同提案に結び付きます。
  • 自社データとの傾向値対比ができます。

データ分析の流れ

Step.1

課題の把握

貴社がお持ちの課題を詳細にヒアリングいたします。
ここでの課題認識の把握と共有が報告内容に大きな影響を及ぼします。

Step.2

計画の立案と御見積り

課題内容を分析して工数から計画を立案し、御見積りを提出いたします。

Step.3

分析の実施

計画に基づき、課題内容に合わせた分析を実施します。

Step.4

報告と提案

分析内容を簡潔にまとめ、ご報告いたします。
加えて、当研究所の独自の切り口から、ご提案も行います。

お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3252-3349

受付時間:月~金(土日祝除く)10:00~17:00