沿革

東西に分離し、2つの企業として再出発

ピップフジモト(株)

ピップトウキョウ(株)

1946年(昭和21年)

大阪藤本商事(株)を設立

東京藤本商事(株)を設立

1950年(昭和25年)

大阪藤本商事(株)を藤本医療器(株)に社名変更

1952年(昭和27年)

東京藤本商事(株)を藤本医療産業(株)に社名変更

1961年(昭和36年)

多店舗政策展開(横浜店開設)

1963年(昭和38年)

大阪市中央区農人橋二丁目(現所在地)に移転

1964年(昭和39年)

藤本医療器(株)を藤本(株)に社名変更

多店舗政策展開(名古屋・広島・福岡出張所開設)

業界での先駆けとなる展示会を開催(サンエス会展示即売会)

藤本医療産業(株)をフジモト(株)に社名変更

業界での先駆けとなる展示会を開催(藤信会展示会)

1968年(昭和43年)

大阪に自社商品開発部署を立上げ

1969年(昭和44年)

オリジナル開発商品第1号「ビデノンホーム」、第2号「シャンプーハット」が誕生

1970年(昭和45年)

(株)三栄商会を吸収合併

1971年(昭和46年)

大阪に開発センター設立

1972年(昭和47年)

「ピップエレキバン」を発売

1978年(昭和53年)

本社ビル完成

卸事業全店にコンピューター導入

1980年(昭和55年)

各支店にコンピューター導入

子会社「ホープ(株)」を設立、栄ホープ(株)東京支店の事業を継承

1984年(昭和59年)

CI戦略導入

1984年(昭和59年)

ピップフジモト(株)[大阪]に社名変更

ピップフジモト(株)[東京]に社名変更

1986年(昭和61年)

物流事業部を独立させ、子会社「ピップ物流(株)」を設立

北関東エリアから商物分離を開始

1987年(昭和62年)

奈良店を皮切りに商物分離を開始

子会社の「ホープ(株)」と「オーコーチ(株)」を合併し、ホープオーコーチ(株)設立

1992年(平成4年)

マーチャンダイジング機能強化の為、MD部を発足

ピップフジモト(株)[東京]をピップトウキョウ(株)に社名変更

1993年(平成5年)

中四国物流センターを開設

棚割システムを導入

1994年(平成6年)

第1回米国流通視察セミナーを開催

介護・看護事業のアンテナショップ、ケアウェル横浜店オープン